読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuka_rin’s blog

マーケター2年生。IT/キャリア/コミュニティなどのお話を中心に書いていきます

人生とは自分が何者でもないことを知る旅

週末の女性向けトイレはとにかく混む。

 

デパートのお手洗いの列に並んでいて、前に並んでいる女性が、振り返って私に声をかけてきた。

 

「広い方のお手洗いを使いたくて待っているので、先に行ってください」

 

よく見るとその方は生後間もないであろう赤ちゃんを抱いていた。今時の抱っこ紐はおしゃれで気づかなかった(言い訳)。

 

「すみません、ありがとうございます」と、ついまた反射的にすみませんって言ってしまったなぁ・・・と反省しながら彼女を追い越した。

 

自分が結婚できて、もし子どもが生まれたら、私も彼女の立場になる。

 

そのことがあまりにも想像できなくて、自分の配慮のなさだとか、例えばこういった施設に彼女の声は届くかなとか、ガーっといろんな考えが頭を駆け巡っては泡のように消えていった。消えないように、忘れないように、今、このブログを急いで書いている。

 

----------------

 

 

「人生とは自分が何者でもないことを知る旅」だと思っている。

自分では特別ではないこと。

自分は特殊な変わり者ではなくて、ただの人間だということ。

芸能人だとか、超有名人だとか、何か特殊な才能を発揮していたり、はっと目を引くほどの美人だったりすれば、特別なのかもしれないけど。

私は私だった。

何者でもなかった。

だとしたら、この手でできることをやって、この足で行けるところまで行くしかないじゃないか。

 

立場が変わっても。

考えが変わっても。

いつだって、何者にもなれるんだ。

 

----------------

 

お手洗いでただ偶然彼女の後ろに並んでいただけで、ここまで考えがすっ飛んでしまう私はどうかしている。だけど、「赤ちゃんを連れたママさんも使いやすいお手洗いになるといいな」と願いながら、「でも不平不満ばかりを言うのではなく、今あるものに感謝する気持ちも大事にしよう」と、改めて感じたのであった。